タマホームはどんな会社?概要や理念、代表について

3

タマホーム株式会社は、1998年6月3日に設立され、東京都港区高輪に本社を構えています。事業内容として、建築、設計、不動産業、保険代理店業をおこなっており、建設業許可、宅建業免許を取得しています。
2016年10月1日時点で、タマホーム株式会社は2,865人の従業員を擁しています。代表取締役会長兼社長兼CEOは、玉木康裕氏が務めています。これが、タマホーム株式会社の概要になります。

玉木氏は、タマホーム株式会社の創業者でもあり、2000年1月1日に第1号店の筑後モデルハウスをオープンさせました。当初は、10人体制で筑後店の開店を迎え、オープン初日にお客様が来店されるのか不安であったことを、玉木氏は語っています。結果として、モデルハウスには行列ができ、大盛況になりました。

良い家を安く提供することが、タマホーム株式会社の理念になっています。お客様から注文を取りながら、リーズナブルな価格で住宅を販売し続け、玉木氏は、従業員や職人の意識改革を、同時にすすめてきました。
職人の言葉遣いを改め、お客様が職人に食事やお茶を提供するという従来の注文住宅建築現場に見られた習慣を、廃止しました。また、建材や設備メーカーのトップに玉木氏が直接交渉を行い、納入価格を下げることに成功しました。高すぎる日本の住宅を安くしたいという想いが、タマホーム株式会社の原点になっています。
企業行動憲章として、感謝、誠実、協心、挑戦、社会貢献の5つを掲げています。また、企業の社会的貢献であるCSRを実現するための基本方針として、「5つのHAPPY」があります。

お客様の生活向上、公正なる事業運営、環境への取り組み、働きやすい仕事場づくり、地域社会への形成・参画・発展の「5つのHAPPY」を実現することで、あらゆる組織活動の基盤・株主への責任説明を果たすことができ、コーポレート・ガバナンスの実現が可能になると考えています。
「建てたあとの暮らしまで、豊かにできる家をつくる」ことをモットーに、豊富な商品ラインナップ、オーナー宅見学マッチングサービスなど、従来の不動産業界の概念を打ち破るサービスを提供しています。

「家づくりは幸せづくりの始まり」、「より良いものを、適正価格で提供する」という信念に基づいて、タマホーム株式会社は良質国産材を使用した住宅を建築し、日本全国のお客様に幸せを届けるため、46都道府県に店舗を展開しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする