ヘーベルハウスはどんな会社?概要や理念、代表について

6

ヘーベルハウスは、旭化成ホームズ株式会社によって運営されています。旭化成ホームズは、1972年11月に設立され、東京都新宿区西新宿に所在地があります。2016年3月末時点で、連結の従業員数として、6,347人を擁しています。 これが、旭化成ホームズの概要になります。
旭化成ホームズ株式会社の代表取締役社長の川畑文敏氏は大学卒業後、1982年に旭化成に入社しました。その後、2012年に旭化成ホームズ執行役員として入社し、2017年4月1日から代表取締役社長に就任しています。
川畑氏は現場密着をモットーにした経営者で、旭化成ホームズが、2025年度に1兆円の売上高を実現するため、積極果敢なチャレンジを進めていくことを表明しています。

旭化成ホームズ株式会社は旭化成グループの一員として、「世界の人びとの”いのち”と”くらし”に貢献する」ことを企業理念に掲げています。昨日まで世界に無かったものを創造し続けることが、旭化成グループの使命であり、住宅事業を担っている旭化成ホームズ株式会社は、住まいを通じて安心で豊かな暮らしを実現することを目指しているようです。

ヘーベルハウス は、旭化成ホームズ株式会社の新築注文戸建住宅のブランドになっており、「ロングライフ住宅の実現」を目指しているようです。また、ヘーベルハウスは、60年以上の耐久性を持つ「ALCコンクリート・ヘーベル」を採用した安心、安全な住宅を提供してくれています。

ヘーベルハウス は、制約こそ、住まいを進化させていく源であると信じ、「都市は、住まいを鍛える」をテーマに、都市に挑み続けてきました。敷地の個性や、住宅周辺環境の制約、そして万が一のリスクなど、都市が投げかけてくるいろいろな問いかけに対して、ヘーベルハウスは回答を出しながら、住まいづくりを続けてきました。

1972年にヘーベルハウス が誕生して以来、お客様の日々の生活に卓越した快適性をもたらしたいという強い想いから、災害時に安心、安全を提供する素材として、ALCコンクリート・ヘーベルを採用してきました。
また、お客様に新しい自由を手に入れていただくため、限られた敷地面積であっても、建物の高さを変更することなく、天井や床の高さを調整することなどで、家全体に広がりを生むなどの工夫を続けてきました。
多層空間を組み合わせることで、広くて、つながった楽しい住まいを創造するためのアイデアを、ヘーベルハウスは持ち続けています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする