住建ハウジングはどんな会社?概念や理念、代表について

住建ハウジングの概要

住建ハウジング

株式会社住建ハウジングは東京都渋谷区に本社を置く企業で、不動産物件の売買や賃貸事業にも取り組んでいます。

基本的には不動産事業を展開していますが、その他にも建築事業やインターネット関連、古物売買や飲食店経営などにも参入しており、多角化経営を行っている企業です。

設立は昭和52年なので、約40年経過しており、その間に東京都を中心に実績を重ねています。
関連会社に住建コミュニティや住建ハウジング中野があり、それぞれの企業が得意としている事業を展開しています。

現代表は野村和弘氏で、2000年以降は以前にも増して各分野への取り組みを加速されています。TV撮影スタジオ・Rit’sを作り、ケーブルテレビで住まなびという番組も放映している点も魅力でしょう。

住建ハウジングの理念

住建ハウジングは「住建マン十則」という理念を掲げており、利用するお客さんのことをしっかりと考えた上で接客していますが、それを可能にしているのは10のルールです。基本的にこのルールは心構え次第で誰もが実践できるものですが、実際に実践している人は今の時代あまりいません。

しかし住建ハウジングでは徹底されており、よりお客さんに寄り添った対応が可能となっています。東京で一戸建て住宅を購入することは大きな勇気が必要ですが、「都心に一戸建を」という理念のもと良い不動産情報を提供しています。

不動産関連のサービスにおいて最も重要視されているのは、地域との関わりです。しっかりとそれぞれの地域に根差した営業活動を行っている不動産事業者はとても強く、企業としての強みだけではなく、そこを利用して売買や賃貸を行った利用者にとっても大きなメリットとなります。

近頃入居時に問題になっている盗聴器調査サービスの導入も住建ハウジンググループならではの制度で、これにより安心して契約し、暮らせるはずです。買い手や借り手のみならず、売り手や貸し手すべての人たちが満足できる企画が用意されています。

住建ハウジングの公式サイトはとても充実しており、建物や土地の個人売買、また事業用の不動産物件の情報提供もなされています。様々な条件のもと、求めている不動産物件を検索することもでき、容易に魅力溢れる不動産探しが可能になるでしょう。

ネット分野にも強みを発揮しているだけあり、住建ハウジングはインターネットを活用した集客も得意としています。「インターネット」と「地域」の両面を重視している姿勢も評価されています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする